No.19 何のためのお金なのか?

スポンサーリンク

こんばんは、さすらいインコです。

 

前から書いている通り、あと3ヶ月もすれば給料が半分以下になる会社へ転職になります。

 

f:id:Sasuraiinko:20190311232054j:image

 

やりたい仕事であり、未来がある仕事ではあると思うのですが、正直ここまで給料が低くなるとは思っていませんでした。

 

嫁も子供が小さいため働くのも難しそうで、私の給料以外は収入がない生活が少なくともあと数年は続きそうです…

 

正直嫁が働いてくれたら大分生活が楽になるだろうと思うのですが、家事やら育児やらで忙しいので無理も言えません…幼稚園の延長保育とか使えば保育時間が短くてもバイトするくらい時間は確保できるかと思うのですが、難しいんでしょうね…そして何より給料がここまで下がる転職を決意したのは自分なので、自分が頑張るしかないですね。

 

それもあり、転職が決まってからというもの、節約法や投資などを勉強する毎日。

 

毎日の暮らしでかかる費用にもなんだか気になるようになり、外食でも少し食べる量抑えたり、嫁や娘の買い物に対しても減らして欲しいなぁと思うようになってしまいました。

 

イタリアで嫁と娘と離れて暮らしていた時、生活費はほとんどかからず金が貯まり続ける毎日でしたが、何にも楽しくなかったことを思い出します。

 

その時強く思ったのが、家族や自分のためにお金があるのであって、お金自体には自分の人生を幸せにしたり充実させたりする力はないんだなぁということ。

 

お金は目的でなく、あくまで手段なんですよね。

 

そう考えると、嫁や娘が一見無駄遣いしていても、それが彼女らのしたいことならさせてあげるべきだし、そのためにお金がある。そのために私は働いている。

 

お金がもったいないばかりにお金を使うのを無理に抑え、自分や家族のやりたいことができなくなるという事態は本末転倒ですね。

 

本当に無駄な支出や固定費をできるだけ削り、その他の支出についてはあまりケチケチしない方がストレスが溜まらないんだろうなーと思ってます。

 

小さい支出にまで気を使い始めると、ストレスたまるんですよね…あと、小金を稼ぐために自分の貴重な時間を使って楽天ポイントをためたり、アンケートに答えてごくわずかなポイントを稼いだりっていうのはなかなか疲れます…何より人生の貴重な時間がそんな小金のために奪われます。

 

それよりは、自分のみたいテレビや本を読んで人生を楽しんだ方が良いんでしょうね。

 

人生はお金を貯めるためにあるのでなく、人生を豊かにするためにお金が存在するんですもんね。大切なことを忘れかけてました…