No.54 【節約】モノを大切に使うということ

スポンサーリンク

こんばんは、さすらいインコです。

 

 

今日は妻との何気ない会話から、モノを大切に使うということを、お金の視点から考えてみたいと思います。

 

f:id:Sasuraiinko:20190505221341j:image

 

3日前、妻が私にふと話しかけました。

 

妻「敷布団のシーツ、買って良い?」

 

私「いいよ。でも何で?もう壊れちゃったの?」

 

妻「シーツを布団に固定するためのゴムがブヨブヨで、子どもがそれを外しちゃうから布団からシーツが外れちゃうんだよね。」

 

私「ふーん…それは大変だね。なら仕方ないんじゃない?」

 

 

とここまでで終わるはずだった会話ですが、私は元来貧乏性でモノを捨てるということにとても抵抗があります。

 

そこで思ったのが、

 

「ゴムを付け替えればまだ使えるのでは…?」

 

ということ。

ま、当然ですよね。

 

f:id:Sasuraiinko:20190505221500j:image

 

今まではお金が潤沢にあって、かつ妻はあまりモノを買いたい、ということもないので普通に買ってもらっていました。

 

しかし、手取りの給料が半分以下になる来月、そんなことは言ってられません。

 

そこで私、勇気を振り絞ります。

 

f:id:Sasuraiinko:20190505221612j:image

 

私「ゴム替えればまだ使えるんだよね?」

 

妻「まぁそうだけど…」

 

まさか妻にゴムを付け替えろとは言えないので、

 

私「空いてる時間にゴム付け替えるよ。」

 

そして昨日、ゴムを無事付け替え、これまで同様シーツを使えるようになりました。

 

 

以前尊敬する上司に、「嫁とは戦った瞬間に負けだから、戦わないことが賢い戦略だ。」と言われたにもかかわらず、戦ってしまいました…

 

f:id:Sasuraiinko:20190505221805j:image

 

長い前置きでしたが、妻が買いたいと言っていたシーツが約1万円だったので、モノを修理して大切に使ったこの場合をケースにして分析してみたいと思います。

 

○商品の金額が10,000円

○消費税が8%なので800円

 

この10,800円を手元に入れるには、所得税が実質10%だとすれば、約12,000円稼がなくてはいけません。

 

シーツのゴムを縫うのにかかった時間は約20分なので、時給換算で言うと何と36,000円です!

 

f:id:Sasuraiinko:20190505221948j:image

 

そしてゴミに出す手間、商品を購入する手間が省けました。

 

そして何より、モノを捨てるという罪悪感を避けられ、かつモノを大切に使っているという何とも言えない充実感を得られました。

 

f:id:Sasuraiinko:20190505222056j:image

 

世の中の少しでも多くの人が、モノを買い替える前にそれを買い替えるために自分がどれくらい働かなくてはいかないのかを考えてもらえるようになればゴミはどんどん減ると思います。

 

その浮いたお金で、日々の生活を潤す美味しいもの、素敵な石けん、お花を買うことができますよ。

 

f:id:Sasuraiinko:20190505222140j:image

 

明日は連休最終日ですね。お休みの方は満喫しましょう。

 

それでは、また明日!