【家探し】中古物件ってお買い得?

スポンサーリンク

こんにちは、さすらいインコです。

 

最近、ついに家を実際に見に行ってきました❗️

 

見た目上は安い中古物件、実際住めるようにするにはどれくらい値段がかかるのか、まとめてみました。

 

「中古物件も選択肢に入れようかな」という人のお役に立てば嬉しいです😃

 

 

【結論】

○ 中古物件は、築年数が古いものが多く、大体はリフォームする必要がある

○ リフォーム価格は少なく見積もっても150万円程度、リフォーム経験者から言わせると300万円くらいはかかるらしい

○ リフォーム代金も考えると、新築との金額差はそこまで大きくならない

 

 

早速ですが、こちらが不動産屋さんからもらった、1,480万円を買った場合の必要金額です。

 

f:id:Sasuraiinko:20190812231921j:image

 

物件価格自体は1,480万円ですが、リフォーム代金見積りが150万円。

 

しかし、この物件、どう考えても150万円ではリフォーム完了しなさそうでした。

 

というのは、

○ 23年前に購入してから、壁の補修、キッチンのリフォームなどありとあらゆる補修が行われた形跡がない

○ 同じ年数が経つ家を持つ父に言わせると、水回り、壁の塗り替えなどをやると250万円から300万円はかかるのでは、という見積り

 

そうすると、合計金額は1,780万円くらいになり、中古のいい面である価格面の優位性が少なくなります。

 

ちなみに、見た物件はこんな感じでした↓

 

f:id:Sasuraiinko:20190812231127j:image

 

f:id:Sasuraiinko:20190812231228j:image

 

いやまぁ、リフォームしがいがありますなぁっていう感じです。

 

 

そして、予想通り仲介料、法律で定められた上限額めいっぱいまで入れてます。

 

法律上は「上限額」なので、これ以下だったらいくらでもいいんですけどね…

 

不動産屋さんに、

「これ法律の上限額ですよね?」

って質問したら、

「法律で決められてる額です」

だって。

 

いやいや、そうじゃないだろ、と思いつつ、これも不動産屋さんが信頼できるか、本当のことを言ってるか、判断する材料にはなりますね。

 

 

それでは、まだまだ家探しは終わりそうにないので、勉強した結果を共有していきますね❗️

 

今家を探している方のお役に立てば嬉しいです😃

 

それでは、また明日👍