MENU

【家探し】家の良さの見分け方 その1

スポンサーリンク

こんにちは、さすらいインコです。

 

昨日、新築物件や中古住宅の電気関係の工事を長年やっている叔父に、

 

「良い家とそうでない家の見分け方は?」

 

という質問をぶつけてみたので、忘れないうちにメモしておきます📝

 

f:id:Sasuraiinko:20190819233758j:image

 

1. ハウスメーカーが作ったかどうか(旭化成ヘーベルハウスセキスイハイムはベタ基礎でないため除く)

 

2. 床なりがするかどうか

 

3. 床下はベタ基礎か

 

4. 平瓦であればベター(メンテ費用がかからない?)

 

5. 瓦に雪止めがあるかどうか(転落防止、雪の隣家への流出防止)

 

 

それぞれ、叔父さんの解説、あとは自分で調べた結果を踏まえて解説していきます。

 

f:id:Sasuraiinko:20190819233913j:image

 

 

長くなってしまうので、今日と明日、分けてメモしていきます📝

 

 

1. ハウスメーカーが作ったかどうか

 

f:id:Sasuraiinko:20190819234130j:image

 

ハウスメーカーとは、住宅を建設している全国規模の大手業者で、代表的なのはダイワハウス住友林業積水ハウスミサワホームなどです。

 

(明日解説する理由により、旭化成ヘーベルハウスセキスイハイムはオススメからは除きます)

 

これらの業者は、建設費用も高い代わりに、地盤調査や基礎工事をしっかりしており、また完成後も定期的に点検をしてくれるなど、メンテナンスもしっかりとカバーしてくれるようです。

 

ほかの建売住宅業者は確かに安いですが、「安かろう悪かろう」の場合が多く、手抜き工事もハウスメーカーに比べて多いとのこと。

 

f:id:Sasuraiinko:20190819234402j:image

 

おじさんによると、

「築20年以上とか、古くてもハウスメーカーの物件を買った方がいい」

とのことでした。

 

それぐらい、安心だということなんですね。

 

 

2. 床なりがするかどうか

 

f:id:Sasuraiinko:20190819234303j:image

 

「床なり」って聞いたことありますか?

その名の通り、床が鳴く、つまり、ギィギィとか、ギシギシとか鳴ることです。

 

床をゆっくり歩くと、こういう音がなる場合、その物件は避けた方が良いとのことでした。

 

ただ、下のホームページによると、床なりにも色々理由があるようです。

 

もし気に入った家があって、床なりが気になる場合は原因を調べてもらっても良いですね。

 

BXゆとリフォーム 文化シャッターグループ

https://www.yutoriform.com/products/inside/flooring/column/55

 

 

 

経験豊富な叔父のアドバイスまとめその1でした。

 

明日は今日の続き、3から5を解説していきます。

 

それでは、また明日❗️