【イタリア人はなぜ幸せそうなのか?】イタリアで2年暮らして気づいた、幸せな生き方をするための3つのコツ

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、さすらいインコです。

 

 

日本ではイタリア人の幸せそうな暮らしがや陽気な性格が紹介されますが、

皆さんイタリア人のイメージってどんなものでしょうか?

 

ひたすら陽気で仕事にも追われないスローライフで…

だからイタリア人は幸せなのでは?と思っている方が多いかと思います。

 

2年間イタリアで暮らして分かったのは、

彼らも日本人同様、結構ストレスを受けながら生活してます。

経済状況だけ見れば日本よりも劣悪。

 

それでもイタリア人が幸せな生き方をできている3つのコツを、

現地で暮らしてみた人間の視点でご紹介したいと思います。

 

 

 

家族をとにかく大切にしている

f:id:Sasuraiinko:20191010201007j:plain


日本人との大きな違いが、家族をとにかく大切にする、という生き方

若い夫婦から老夫婦まで、結構手をつないでいる人が多いです。

仕事より何より、家族を優先させます。

 

また、公園に行っても子どもと遊んでいるのはお父さんだけだったり、

夫婦2人で遊んでいたりします。

それも遊び方が全力!お父さんなんか追いかけっこやサッカーなど、

こっちが引くくらい全力で遊んでます。

 

日本のような

「子育ては母親、稼いでくるのは父親」

みたいな文化もあまり感じませんでした。

 

共働きが浸透しているからか、自然に家事も分担するのが当たり前、

育児も夫婦でやって当たり前、という考え方のようでした。 

 

仕事はテキトーに

f:id:Sasuraiinko:20191129133752j:plain
「仕事はテキトーに」というのがイタリアと日本の決定的な違い。

 

ホント適当で、ある質問があってそれを担当者に聞きに行ったら、

「私知らない」とだけ返答されたことがあります。

 

「調べます」でも、「知らなくて申し訳ない」でもなく、

他人事のように「知らない」と平然と回答されたことが衝撃的でした。

 

日本では担当者なら知らないことはできるだけ少なく、

後で調べます、などと回答して何とかするのが担当者ですよね。

 

 

そして、イタリア人は定時になったら速攻帰ります。

定時になったら職場の駐車場出口がすぐに渋滞します。

 

彼らは

・仕事は時間内で終わらせるのが当たり前

・時間内で終わらなくても帰るのが当たり前

・自分の生活や家庭を犠牲にしてまで働かない

という考え方が徹底しています。

 

私の前任が結構残業していたようなのですが、同僚からは

 

・なぜそんなに遅くまで仕事をしているの?

・そんな遅くまで仕事して家族がかわいそう…

 

と勤勉さを褒められるどころか、

「時間管理のできないヤツ」「家族を大切にできないヤツ」

という烙印が押されていたとのこと。

 

 

私の前の職場では長時間残業できる人が

偉い、頑張っているという評価をされてましたが、

イタリアは全く逆の文化でしたね。 

 

人生は楽しむもの、と常に考える

f:id:Sasuraiinko:20191129134038j:plain

イタリア人の暮らしを見ていると、

「人生を楽しむ」という姿勢を常に感じました。

 

例えば外食。

ただ「食事をとる場所」としてではなく、

「食事を楽しみ、人と話す場所」としてとらえています。

 

昼ご飯で1時間半くらい、夕ご飯なら2時間くらいレストランに滞在し、

のんびりと食事とおしゃべりを楽しみます。

 

 

あと日本ではまず見ないのが、平日の夜に家族でテラスで食事、という風景。

これもかなり楽しそうでした。

 

日本ではそもそもそんな時間に家に帰れませんし、

食事ができるようなテラスがある家は稀ですよね。

 

まとめ

f:id:Sasuraiinko:20191129133336j:plain


日本から見るとイタリアは楽園のように紹介されることがあります。

私もイタリアに移住するまではそういうイメージでした。

 

でも実際に住んでみて分かったのは、イタリアは日本と同じくらい、

またはそれ以上に大変な経済的、社会的状況にあります。

 

北アフリカからの難民流入もあり、日本よりも問題は複雑とも言えます。

 

また、みんなが仕事をテキトーにやるおかげで、日常生活は結構不便です。

依頼した郵送物が届かない、仕事の期限を守らないなどなど、

几帳面な日本人にはかなりストレスがかかります。

 

それでも、人生は仕事のためではなく、家族と一緒に楽しむもの、

というイタリア人の姿勢は日本人がもっと学べるところがあるなぁと思います。

 

 

イタリアは住むと苦労が多いですが、観光ならとても楽しいところだと思います。

まだの方はいつか訪れてみてください!

 

旅行はちょっと…という方は、

こちらのイタリア家族 風林火山 (ぶんか社コミックス) [ ヤマザキマリ ]

が結構面白くておススメです。

 

何となくイタリア人の暮らしが感じられます。