【家探し】見るべきものは、「変わらないもの」

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、さすらいインコです。

 

 

今家探しをしているのですが、皆さんが家を探すうえで重要だと思うのは何でしょう?

 

部屋の数、

キッチンの使いやすさ、

はたまたトイレの数?

 

今読んでいる「知識ゼロからの賢い家の選び方」によると、家探しで大切なのは

「変わらないもの」だそうです。

 

「変わらないものってそもそも何?」

って思われる方もいるので、自分の体験も踏まえて共有します。

 

これから家探しをする方の参考になれば嬉しいです😃

 

f:id:Sasuraiinko:20190917202705j:image

 

 

 

 

結論:重視すべき変わらないものとは?

 

家を見に行ったときに目が行きやすい家の設備は、全て変えられるものです。

どんなに汚いトイレやキッチンであっても、リフォームでどうとでもなります。

 

ここで言う変えられないものとは、

〇 土地の広さ

〇 地形(川や地盤など)

〇 日当たり

等で、これらこそ重視すべき事項になります。

 

 

これだけだと分かりづらいので、わたしの体験も踏まえて解説していきます。

 

私が見つけた中古物件の場合

わたしが見つけた中古物件の条件は、

 

1. ローカル線駅徒歩7分、主要鉄道駅徒歩30分

2. 土地の広さは50坪弱、形状は四角

3. 陽当たりも良好

4. 小中学校も徒歩15分程度の距離

5. 築20年弱で管理も良好

6. トイレが1つ 

7. 価格は2,000万円

 

 

実際に2度も見学に行ったのですが、

管理が良いからか内装も綺麗、庭も綺麗、駅も近いのに割安とかなり良い物件でした。

 

しかし、ネックになったのはこのトイレの数

妻の家に対する数少ない希望がトイレ2つ、というものでした。

 

f:id:Sasuraiinko:20190917203028p:image

 

 

 

これを満たさない物件だったため、購入の決断ができないまま、

先約が入ってしまいました。

 

 

今考えれば非常に良い物件を逃してしまったなと反省してます。

 

 

「変わらないもの」を重視した場合どう判断すべきだったか

f:id:Sasuraiinko:20190917203244p:image

 

もう一度わたしが見つけた物件の条件を並べると、

 

1. ローカル線駅徒歩7分、主要鉄道駅徒歩30分

2. 土地の広さは50坪弱、形状は四角

3. 陽当たりも良好

4. 小中学校も徒歩15分程度の距離

5. 築20年弱で管理も良好

6. トイレが1つ 

7. 価格は2,000万円

 

 

この4つの条件については、自分の力ではどうしようもない項目ばかりです。

 これらは変えられないものに該当するので、重視すべきとなります。 

 

これらの条件を満たす物件であれば、

ライフステージの変化に伴う売却もしやすいですし、

家が古ければ更地にして注文住宅を建てられるようにすれば、

買い手は多くなります。

  

 

 

残りは、下記の条件について。

 

5. 築20年弱で管理も良好

6. トイレが1つ 

 

これらの条件は目につきやすく、これらが自分の条件に当てはまれば、

その物件はかなり魅力的に見えます。

 

でもこの2つの条件って2つとも、

 

(2) 変わる(変えられる)もの

 

なんですよね。

 

家は古くなったら壊せば良いですし、

トイレに至っては100万円もあれば増設できるでしょう。

 

こういう項目はあくまで参考程度に見て、オマケ程度と考えるのが得策です。

 

f:id:Sasuraiinko:20190917203537p:image

 

まとめ

本当に大切な項目が何なのか。

それを整理しないと、物件も定まりません。

見つかったとしても、わたしのように決断が遅れて悔しい思いをします。

 

 

この本、ほかにも役立つ情報が盛りだくさんですので、

またこの本の中で勉強したことをご紹介しますね❗️

 

物件探しの際、参考にしていただけたら嬉しいです😃

 


 

  

みなさんの一日がいい日になりますように🌈  

 

それでは、また明日❗️