【転職は怖いのか?】実際に転職して考えてみた

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、さすらいインコです。

 

今日は私が国家公務員をやめる時に耳にタコができるくらい言われた、

「転職って怖くないのか」、

「転職するなんて勇気がある」

という意見について考えてみたいと思います。

 

 

 

転職するのは少数派だから怖い?

f:id:Sasuraiinko:20190516232001j:image

高度経済成長期にサラリーマンをやっていた方々にとっては転職する人はかなり少数派だったと思われます。

 

しかし、今はどうでしょうか?

周りにも辞めて転職していった人、逆に転職してきた人、結構たくさんいませんか?

 

もう転職自体は珍しいことではありませんし、普通の生き方になってきていると思います。

 

「転職するのは少数派」

こういう意識が過去の物になりつつあるのが今だと思います。

 

 

今いる会社の方が安全?

f:id:Sasuraiinko:20191101225452p:plain

私もそうでしたが、なんとなく
「今いる会社の方が安全」

そんな意識がありました。

 

ですが、本当に今の会社が安全なのでしょうか?

あなたの一生をささげられる会社なのでしょうか?

私は今30代ですが、我々の世代はおそらく70歳、80歳まで働かざるを得ない時代を生きることになると思います。

 

そうすると、あと40年、50年退職まで時間があるわけです。

 

今の会社はその時間の流れを生き抜けるでしょうか?

 

また、私のように長時間勤務、日常的なパワハラ、強制の3,4年ごとの転居を伴う転勤・・・。

 

そんな職場にいたら会社は無事だとしてもあなたが壊れます。

 

そのままの働き方を続けるのは、泥舟で滝に向かって進むようなもんです。

そう考えると、転職せずに今の会社にいることこそ勇気がいることじゃないですか?

f:id:Sasuraiinko:20190516232027j:image

 

まとめ

多くの人は現状維持が好きです。

なぜなら、自分が知っている環境にとどまれるからです。

 

ですがこの変化が速い時代、あなたの知っているその職場自体がなくなることもあり得ます。

 

私は前職の職場が泥舟に乗り続けることに思われ、自分の人生を預けることが怖くて怖くて仕方ありませんでした。

 

だから転職という決断をした時、不安ではありましたが、怖くはありませんでした。

 

状況によっては同じ場所に留まり続けることの方が怖いこともあるんじゃないかな、と個人的には思います。

 

今はネットで簡単に転職先が探せ、エンジニア転職なら【Tech Stars Agent】 というのもあります。エンジニアでなくても、Googleでキーワードを入れれば簡単に探せます。

 

一度しかない人生です。

後悔のないよう、毎日考え抜いて自分の人生を切り開いていきましょう。

 

今日も読んでいただいてありがとうございました。

 

それでは、良い一日をお過ごしください🌈