MENU

都市ガスとプロパン(LP)ガス どちらが安いのか?

スポンサーリンク

こんにちは、さすらいインコです。

 

 

今日は自分もずっと気になってた、都市ガスとプロパンガスの値段の違いについて、本を読んでいたらデータを見つけたので、共有します❗️

 

f:id:Sasuraiinko:20190827082826j:image

 

 

【まとめ】

 ✅ 都市ガスとプロパンガスの2種類があるが、プロパンは都市ガスの3倍くらい高い

 ✅ 地域や家族構成によるものの、年間で平均したらプロパンガスの物件は家賃+5,000円くらいにして都市ガス物件と比較

 ✅ 通常より安い物件では、プロパンガス(LPガスとも呼ばれる)であることがたまにあるので、注意が必要

 

 

ちなみに、今日その貴重なデータを見つけたのは、この本↓

 


 

 

わたしもいまの賃貸物件を探してた時に気をつけたのが、このガスの種類。

 

と言っても当時はデータを持っていた訳ではなく、漠然と

「プロパンガスの方が都市ガスより倍くらい高い」

と思っていただけでした。

 

f:id:Sasuraiinko:20190827084256j:image

 

わたしも念のため、この本に書かれているプロパンガス料金消費者協会東京ガスのサイトで値段を比較すると、自分の住むところが属する東京地区の一般家庭で、月10m3のガスを使った場合、

 

○ 都市ガス

基本料金745.20円+従量料金1,451.90円(単位料金145.19円×10m3)

=2,197円

 

○プロパンガス(平均値)

基本料金1,612円+従量料金4,920円

(単位料金485円×10m3)

=6,532円

 

(出典ホームページ)

 • 東京ガス

https://e-com.tokyo-gas.co.jp/ryokin/Default.aspx?tik=1

 • プロパンガス料金消費者協会

https://www.propane-npo.com

 

 

どれくらいプロパンガスが高いか、お分かりいただけたでしょうか?

 

と言うか、わたし自身もこんなに差が出るなんて知りませんでした苦笑

 

f:id:Sasuraiinko:20190827082319j:image

 

物件探しをやっていると分かるのですが、賃貸でも売買でも、同じような物件に比べてとても安い物件があるのに気づくと思います。

 

そしてその物件を見ると、だいたいプロパンガス物件だったりします。

 

f:id:Sasuraiinko:20190827082437j:image

 

不動産仲介業者さんに聞いた話です。

そういう物件がなぜ安いかと言うと、都市ガスを引く工事をせず、プロパンガスの業者にプロパンガスを契約する代わりに業者さん持ちで工事してもらうからだそう。

 

そうすると、家の建主は都市ガス並の費用負担しなくていいわけです。

 

だからその分家賃を安くしたり、販売価格を下げたりできるわけです。

 

1年とかそういう短期間だけ住む家なら良いですが、この金額の差は毎月、毎年生じます。

 

f:id:Sasuraiinko:20190827082458j:image

 

わたしの住むエリアで考えると、

 

 • 月々の差額→

6,532-2197=4,335円

 

 • 一年あたりの差額→

4,335円×12ヶ月=52,020円

 

1年にすると、結構値段違いますよね。

 

 

家探ししてた時に不動産屋さんに、

「都市ガスは高いですからねー」

みたいなことは言われたものの、数字で差がわからず、何となく都市ガスを選んだ経緯があります。

 

地域や家族構成によるものの、年間で平均したらプロパンガスの物件は家賃+5,000円くらいにして、都市ガス物件と比較するのが妥当と思います❗️

 

長く住む家なら、この差はどんどん大きくなります。

 

賃貸でも、戸建の購入でも気をつけたいポイントの1つですね。

 

f:id:Sasuraiinko:20190827082732j:image

 

これからも家探しに役立つ情報を共有していきます。1人でも多くの方が、満足できる家が見つかるお手伝いができればと思います。

 

それでは、また明日❗️