【家探し】中古住宅を見学するときのチェックポイント前編

スポンサーリンク

※2019.9.20更新

また今週違う物件(今回は軽量鉄骨の物件あり!)見に行くので、軽量鉄骨の物件の見るべき点も追記しました!

 

こんにちは、さすらいインコです。

 

 

ついに今度いくつか見た中古物件の中で良さそうなものを選び、再度見学に行ってきます❗️

 

その前に、

「何チェックすればいいんだっけ?」

と思い、本やネットで調べてみましたので、まとめます✏️

 

f:id:Sasuraiinko:20190911193523j:image

 

【チェックポイント】

1. 建物の基礎や構造の痛み(シロアリ対策履歴含む)

2. 水周り(キッチン、トイレ)

3. 日当たり

4. 補修歴

5. 施工会社

6. 購入前にホームインスペクションを実施してよいか

7. 空き家となった理由

 

【持ち物】

 • メジャー

 • ビー玉

 • 懐中電灯

 

 

 

長くなりそうなので、今回は一番大事な1について解説していきます。

 

2~7については、こちらの記事を見てください↓

 

www.sasuraiinko.site

 

 

 

 

 

 

1. 建物の基礎や構造の痛み

 

(1) 屋根や壁

 

風雨にさらされる傷みやすい屋根や壁は定期的にメンテナンスされているかをチェックします。

 

f:id:Sasuraiinko:20190911193657j:image

 

具体的には、

 • 雨どいが折れ曲がっていないか?

 • 瓦がずれたり割れたりしてないか

などです。

 

 

(2) シロアリ対策

 

新築の時はシロアリ対策をしているはずですが、築10年を超えるなら、シロアリなどの害虫駆除歴を確認しましょう。

 

 

(3) 床下の基礎の状況

 

床下の基礎ですが、工事が終わるとぱっと見みえなくなってしまいます。

ちなみに、施工中の床下の基礎はこんな感じです↓

 

f:id:Sasuraiinko:20190911194005j:image

 

ほとんどの人が見たことがないと思いますが、床下はだいたい床下収納庫を外せば簡単にみることができます。

 

床下が

 • ベタ基礎(床下全面にコンクリートを流し込んでいるか)

※上の写真のような基礎

 • 布基礎(家の基礎のみコンクリートを流し込み、その他の面が土が露出している)

いずれなのかをチェックしましょう。

 

布基礎の場合は、湿気が上がってくるしシロアリも出やすいので、シロアリ対策としてはベタ基礎の方がベターです。

 

床下に細長く黒い汚れが見えたら、シロアリが通った道かもしれないのでシロアリ対策履歴を必ずチェックしましょう。

 

床下は懐中電灯で基礎が腐っていないか、外れそうになっていないかなどもチェックするのも忘れずに!

 

(4) 雨漏りの有無

 

f:id:Sasuraiinko:20190911194311p:image

 

わたし実家は雨漏りがするのですが、父によると、天井や壁のシミは雨もりの跡や結露跡であることが多いそうです。

 

和室の上の方のふすまを開けて、シミがないかどうかチェックしましょう。

 

 

(5) 家の外周(基礎部分)

 

家の外周から見て、基礎のコンクリートの部分に深いクラック(ひび割れ)がないでしょうか?

 

f:id:Sasuraiinko:20190911194536j:image

 

深いクラックと浅いクラックの見分け方ですが、その周辺をノックして叩いてみます。

 

そうすると、軽く浮いたような音が出た場合は、表面のモルタルがひび割れているだけで問題なしだそうです。

 

軽量鉄骨物件の場合、厚さが6ミリ未満と鉄筋よりも薄い鋼材が露出していないかをチェック。

外周の基礎、床下も両方チェックですね。

きちんとした施工をしていれば、十分なかぶり(鋼材が露出しないようにコンクリートを設計通りに厚くしているはず)が確保されており、露出などしていないはずです。 

 

 

(6) 家が傾いていないか?

 

f:id:Sasuraiinko:20190911195714p:image

 

何軒か試したところ、今のところ該当ありませんが、ビー玉置いて転がるか見てみて下さい。

 

流石に不動産屋さんや家主の前でやるのは気がひけるので、二手に分かれて、一人が二階に行ってコッソリやるのがおススメです。

 

我が家はいつもこの戦略を使おうと思ってます苦笑

 

 

また、室内のドア、サッシは全て実際に開け閉めしてみて下さい。

 

家が傾いていると、スムーズに開閉ができなくなります。ただし、サビによる可能性もありますが、器具を使わないと開け閉めできないような場合は要注意です。

 

また、ドアが自然としまったり、襖を閉めても隙間がある家は要注意です。

オバケよりも怖い、家が傾いている証拠です。

 

(7)屋根裏

点検口が押し入れの上とかにあるはずなので、そこから見て雨漏り跡がないかどうか、木造の場合は木が腐っていないか、軽量鉄骨造の場合は鉄骨材や金物がさびていないか確認しましょう。

 

以上、簡単ですが家を見る際、チェックすべきポイント前編でした❗️

 

明日は続きを書きますので、お楽しみに😀

 

みなさんの一日がいい日になりますように🌈

 

それでは、また明日❗️