【家探し】購入後価値の下がりづらいエリアを選ぶ方法

スポンサーリンク

こんにちは、さすらいインコです。

 

当然ですが、家は人生で一番高い買い物です。

 

一生で一回しか買わないと思った家も、転勤や親との同居でどうしても手放さなきゃいけないこともあります。

 

売却も考え、価値の下がるエリアを見分ける方法を今回ご紹介します。 

 

この知識を得た本が、コチラ↓

 

「お金で損したくない人」が読む本

千日太郎著作

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本 [ 千日太郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/10/14時点)


 

 

早速詳しく解説していきます。

 

 

 

【結論】

 

市町村が定める「居住誘導区域」の外の土地は買ってはいけない

 

 

 

 

 

大きく値下がりするエリアを買ってはいけない理由

 

物件探しをしていて、少し知識のある人なら価格は高くても価値の下がりづらいエリアを探します。

 

でも、そもそもなぜ値下がりしづらい物件を買うべきなのでしょうか?

 

冒頭にもご紹介した通り、このご時世、いつ何時転居を余儀なくされるかわかりません。

 

いざ転居が決まり、さて家を売ろう、としたときに問題が発生します。

 

売却価格が、ローンの残高を上回らない問題です。

 

そうすると、家を売ったとしてもローンをその売却したお金ではローンを完済できず、更にお金を払って家を手放さなければならなくなります。

 

そうすると、次の家を買うための資金を使わなくてはならなくなります。

 

次の家で住みたい、と思っていた希望の家を変えなくなるかもしれません。

 

できるだけ売却価格の下がりづらいエリアを買うべき、と言う理由がこれです。

 

f:id:Sasuraiinko:20190808154546p:image

 

値下がりしづらいエリアはどこ?

 

みなさんは、将来価値の下がりづらいエリア、当てられますか?

 

何となくは予想できると思うんですが、それが合ってるかどうかは自信が持てないのではないでしょうか?

 

この本で書かれていたのが、価値の下がりづらいエリアを事前に調べることができる、ということ。

 

当てずっぽうではなく、実はそれを予想するためにとても役立つ計画を市役所が作ってるんです。

 

それが、「立地適正化計画」。

(出典:国土交通省 立地適正化計画の意義と役割)

https://www.mlit.go.jp/en/toshi/city_plan/compactcity_network2.html

 

この計画を簡単に説明すると、これからどの街も人口が減ってくるので、今までみたいに無秩序に市街地を拡大するのでなく、居住エリアを決めてそこに税金や施策を集中させますよ、と言うもの。

 

この計画で定められている居住エリアが、「居住誘導区域」です。

 

 f:id:Sasuraiinko:20190808155655p:image

 

この立地適正化計画、例としてM市の計画の中身を見てみると、

○ これまでもあった市街化区域っていうエリアの中に居住誘導区域を設定

○ このエリアに公共交通の確保などの施策を重点的に行う

 

と書かれています。

 

つまり、この居住誘導区域内に家を買った場合、

 • 市役所の施策の優先順位が高い

 • 公共交通機関の削減などが行われる可能性が低い

ということですね。 

 

役所の施策や公共交通機関が充実しているところは今も人気が高く、今後も値下がりしづらいでしょう。

 

 

 

 

逆に値下がりしやすいエリアは?

 

「こんなところにまで家が建てられてる…」

って思うこと、ありませんか?

 

駅からも遠く、バスすらもあまりないところ。

 

f:id:Sasuraiinko:20190808154933p:image

 

いよいよ、役所が立地適正化計画を定めて、「居住誘導区域」外については、

「いやいやもう面倒見切れないんで、このエリアに集中して資源投入しますよ」

と言ってきたわけです。

 

予算があんまりないんだからもっと早くやれよ…って感じですが。

政策は政治との妥協の産物なので、ずばっとできないのも理解しますが。

 

それは置いといて。

 

こういうエリアは切り捨てられ、バスなどの公共機関の利便性は悪くなる一方と思われます。

運転できる若いうちはいいですが、年取ったら大変ですよね・・・

 

f:id:Sasuraiinko:20190808155439p:image

 

事前に居住誘導区域を知るには?

 

「そんなに大事なエリアなら当然不動産屋さんから情報もらえるんでしょ?」

って思う方もいると思います。

 

結論から言うと、自分で調べる、または質問するしかありません。

 

というのは、宅地建物取引法で説明義務付けがないため、通常不動産屋さんからの説明はないと思った方が良いです。

 

質問したら教えてくれるかもしれませんが、いずれにしても自分で調べた方が安全だと思います。

 

M市の計画案がネットで公表されてたのですが、地名が書いてなくてしかもぼやっと書いてあるので、分かりづらいんですよね…

 

市のエリアの1/3から1/4くらいのエリアしか居住誘導区域に設定されてなかったんですよね…

かなりのエリアが、今後は「置いてけぼり」になる可能性が高いってことですね。

 

市の地権者への配慮だと思いますが、われわれ家を買う側からしたらすごく大事な情報。

 

地名入りの地図と並べて計画を見れば、自分の買いたい家がどのエリアに入っているのかは判別できるはずです。

 

 

 

 

 

 まとめ

 

「家を買う、というのは誰が何と言おうと投資」

と両学長も言っていました。

 

少しの手間で大きな値下がりを回避できます。

もし良さそうな家が見つかったら、ぜひ一度この「居住誘導区域」内かどうか、チェックしてみてください❗️

  

それでは、また明日👍