【営業コツ】契約数を伸ばす3つのコツ

スポンサーリンク

こんにちは、さすらいインコです。

 

営業ドシロウトなので、相変わらず営業の勉強をしてます。

 

こちらの本から、契約数を伸ばすために今からできる3つのコツをメモしておきます。

 

営業を始めたばっかり、または結果が出ずに悩んでる方に読んでいただけたら嬉しいです❗️

 

【読んだ本】

人を動かす、新たな3原則

(ダニエル • ピンク著)

 

【3つのコツ】

1.「どこからいらっしゃったんですか?」という質問から始める

 

2. 商品に心からの自信を持ち、態度に表す

 

3. この商品を売ることで相手のためになると信じる

 

 

それでは、1つずつ書いていきます。

 

f:id:Sasuraiinko:20191010195401p:image

 

 

1.「どこからいらっしゃったんですか?」という質問から始める

 

この質問なら色々な回答の仕方が可能です。

 

今住んでいるところや勤務先を答える人もいると思いますが、どんな答え方であっても、そこから会話を始めるヒントがあります。

 

そこで会話のリズムをつかんで、お客さんのニーズを発見して、そのニーズに合致するようにセールスをできれば理想的です。

 

 

2. 商品に心からの自信を持ち、態度に表す

 

f:id:Sasuraiinko:20191010200236j:image

 

同僚からよく聞くのが、

「うちの商品は高いから売れない」

というもの。

 

実は、口に出さなくてもそう思っている時点で、営業成績にはマイナスの影響を与えます。

 

逆に無意識であっても、自分の売っている商品が価値が十分あるものと確信できれば、セールスの成否へもプラスの影響があります。

 

 

よくありがちなのが、

自分で売っている商品の価値理解が足りない、

というもの。

 

商品の価値を深く理解してないから、高いと思ってしまう。

高いと思うなら、自分の売る商品を使ってみてください。

ただ売ってた時と違い、ユーザーとしての価値理解が進みますよ。

 

 

 

3. この商品を売ることで相手のためになると信じる

 

f:id:Sasuraiinko:20191010201007j:image

 

人間は、自分の利益のためよりも、他人のためになると信じた方がサービスを売ることができるそうです。

 

どういうことかというと、何かサービスを売るセールスの場合、

 

 • 自分の成績のために売る→

自分の利益のため

 

 • お客さんの人生がサービスにより豊かになるから売る→

他人のため

 

ということになります。

 

過去行われた実験からもそれが示されてます。

 

この本で紹介されているのが、学校への寄付を募るコールセンターでの実験。

 

「寄付をお願いします」とお願いの電話をする前に、下記の2つのグループに分けて成果を比較しました。

 

(1) 奨学金でどれだけ学生が助かったか読んだグループ

(2)セールスのコツの体験談を聞いたグループ

 

この2つのグループの結果を比較したところ、(1)の「どれだけ学生が助かったか読んだグループ」の方が、(2)のグループよりも電話件数も寄付額も倍以上という実験結果でした。

 

やはり人間、自分のためよりも人のために頑張る方が成績が出るんですね。

 

今回ご紹介した3つのコツ↓

 

1.「どこからいらっしゃったんですか?」という質問から始める

2. 商品に心からの自信を持ち、態度に表す

3. この商品を売ることで相手のためになると信じる

 

 

どれも明日からでもできる項目なので、早速実践します❗️

 

みなさんもぜひ試してみてください👍

 

最後に、今回勉強した本をご紹介します。

 


 

 

これ以外にもたくさん役立つことが書かれていますので、ぜひ読んでみてください。

セールスに関わる人は読んで損はないと思います。

 

みなさんの一日がいい日になりますように🌈  

 

それでは、また明日❗️