【株式投資】丸亀製麺を運営するトリドールの株主優待券と配当

スポンサーリンク

こんにちは、さすらいインコです。

200株を持つトリドール丸亀製麺を運営)から株主優待券が届いたので、配当なども含めてご紹介します。

 

6月は投資家にとって嬉しい季節…

なぜなら配当金と株主優待が届く季節だから!

インベスターZを読んだおかげで投資を始められ、この季節は投資を始めてよかったと思える季節…。

給料が転職で大きく減っただけに、少ないながらも配当金と株主優待は本当にありがたいよ…

給料以外にも収入があると、何だか気持ちも楽になるよね。しかも配当金は不労所得だし!

この記事ではコロナショック後の株の乱高下を見ながら、株を買うべきか悩んでいる人に、

・実際の企業の株主優待を紹介

株式投資のメリットとデメリット

を知ってもらえれば嬉しいです!

この記事を読んでほしい人

・株に投資しようか迷ってる人

不労所得株主優待に興味がある人

丸亀製麺株主優待が気になる人

 

丸亀製麺株主優待と配当

f:id:Sasuraiinko:20200617220508p:image

投資先の中でもお気に入りがうどんで有名な「丸亀製麺」などを運営する株式会社トリドールホールディングスという会社。

あなたもコシのあるうどんが自慢の丸亀製麺、一度は食べたことがあるのでは?

私は株式会社トリドールホールディングスの株式を200株持っています。

2020/6/17時点での株価、株主優待、配当をまとめると、

・株式200株(2020/6/17時点で評価額249,400円)

株主優待券 8,000円分/年

・配当金 1,275円/年

株主優待券は丸亀製麺などトリドールが経営するお店で普通にお金のように使えます。

(優待券。中にクーポンみたいなのが入ってて、切り取って使えます)

f:id:Sasuraiinko:20200617220157j:image

配当は証券口座に振り込まれますので、現金として使えます。

この株主優待券と配当をあわせると、年間9,275円。

株主優待券もあわせた配当利回りは3.72%。

しかも、この株主優待券は200株以上を1年以上保有し続けると、さらに優待券が6,000円分/年追加されます。

優待券だけで年間14,000円もらえますね。

そうすると株主優待券もあわせた配当利回りは驚異の6.12%!

トリドール株主通信より)

f:id:Sasuraiinko:20200617220453j:image

優待だけで1年分のうどんが食べられそう!

長期投資家にとって継続保有制度は嬉しい特典ね!

私のような丸亀製麺ファンなら、かなりおススメの投資先です。

配当は業績次第でゼロになることも

f:id:Sasuraiinko:20200617220353p:image

当然ですが、株の配当は投資先の業績にモロに左右されます。

例えば今回はトリドールから1,275円の配当が振り込まれました。

しかし、昨年は同じ金額を投資してたのに業績不振により配当はたったの120円。

配当は株価よりは安定しているとはいえ、配当が減ったり、そもそも配当がなくなることもあります。

昨年は配当はほとんどもらえなかったけど、株主優待券は今年と同じ6,000円分もらえたよね!株主優待券の方が配当よりも安定がよさそうです。

丸亀製麺トリドール)の配当と株主優待券まとめ

f:id:Sasuraiinko:20200617220437p:image

丸亀製麺の配当と株主優待券の内容、ご理解いただけたでしょうか?

インベスターZにもあるとおり、まずは自分の知っている業界、会社から投資するのがおススメ。

あなたが好き、しかも今後もこの会社は伸びる!

と思える会社なら、練習として小額から投資してみましょう。

本業がある私たちは、

・投資は若いうちから、早く始める

・長期保有し続ける

のが理想。

 

短期売買はずっと相場を見続けなきゃいけないですし、本業がおろそかになってしまいますから…

ずっと昔に株にハマって本業の時間中にやってるのがバレた人、いたなぁ…

投資は長期・分散が基本!株を買ったら持っているのを忘れて、たまに配当や優待が入ってきてラッキー!くらいに思っておくのがちょうどいいわね。

コロナショック後、不安定な相場が続いています。

次の大暴落が来た時に、きちんと投資できるよう準備をしておきたいですね。

 

それでは、今日も素敵な一日を🌈