【イタリア旅行】スリ被害経験者が語る!誰でも今すぐできる簡単な3つのスリ対策とは?

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、さすらいインコです。

 

 

イタリアは日本人にとても人気の観光大国。ですが日本人の想像以上にスリやひったくりなど、軽犯罪の危険がいっぱいの国でもあります。

実際イタリアに2年暮らして、自分もスリの被害に一回あっちゃって、かなり凹んだなぁ…

日本人はほとんどスリの危険がない国だから、イタリアのスリからすれば警戒心がなくてしかもお金を持ってる、まさにカモネギ」のようにオイシイターゲットなのよね…

この記事では、自分自身のスリにあった経験、他の日本人旅行者のスリ被害の実体験をもとに、旅行中に必ず実行したい3つのスリ対策をまとめています。

 

スリの基本的なやり方は、イタリアでも他のヨーロッパの国でも同様の手口です。これからヨーロッパやイタリアへ旅行に行く方の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

イタリア旅行中の必須!スリ対策3選

f:id:Sasuraiinko:20200103120815j:plain

この記事では3つのスリ対策を厳選して記載しています。この対策の前提にあるのが、「スリに本気で狙われたら防ぐことはほぼ不可能」という事実。私も他のスリ被害経験者も一様に言うのが、「財布をすられたことに全く気付かなかった」。信じられないかもしれませんが、この事実をもとにスリ対策を行うとすれば下の3つの対策になります。

 

〇 スリに「私はスリに警戒してます」とアピールする

〇 お金は2つに分散させ、通常使うのは盗られてもいい「小銭入れ」のみにする。

〇 パスポートや日本の免許証は持ち歩かない

 

スリを防ぐ絶対の方法はないんだよね…

上の3つの対策を見ればわかると思うけど、まずはスリに狙われないことが重要よ。そして狙われた後は防げないから、どうやって被害を軽減するのかを考えた方がいいわ。

 

この3つの対策について、更に詳しく説明していきます。 

 

「私はスリに警戒してます」アピール

f:id:Sasuraiinko:20200103121149j:plain

まず最重要なのが、スリにそもそも狙われないコト。あなたがスリになったつもりで考えると、毎日数えきれないほどの獲物(観光客)が目の前に来るとしたら、どういう人を選びますか?

そうだな…まぁ簡単に盗めそうな人かな。明らかに警戒してる人は避けるよね。

スリからしても簡単に盗める人の方がいいから、明らかに警戒していることが分かればターゲットにはしないわよね。

 

「それは分かったけど、具体的に何をすればいいの?」という疑問がわきますが、誰でもすぐにできる5つの行動は以下の通りです。

 

(1)財布は人前で出さない。出すとしても小銭のみで盗まれてもいい小銭入れ。

(2)お金を使う時は周囲をキョロキョロして警戒する。

(3)携帯や財布はズボンの前ポケットへ。ポケットの前だと触られたりすると気づく可能性が高くなるので、スリに狙われづらくなる。

(4)財布をバッグしまう場所はバッグの奥深くへ。しまう場所は周りから見えないようにする。

(5)バックは常に肌身離さず。人込みではファスナーに手を当てて開けられないようにするとベター。

 

私は一度すられてからこの5つを外出時には常に実行しました。結果、それ以来一度もスリ被害にはあっていません。 

 

お金は2つに分散させ、通常使うのは盗られてもいい「小銭入れ」のみ。

f:id:Sasuraiinko:20200103121356p:plain

日本では財布に免許証やら高額紙幣やら、大切なものをあなたも入れていると思います。イタリア旅行では、貴重品を一か所、特に1つの財布に入れるのは絶対に避けたいところ。

 

私自身も、イタリア駐在員も財布に免許証や身分証を入れて盗まれてしまい、再発行に多大な労力と時間を要しました。これを避けるためには、普通のお買い物で使う財布を「小銭入れ」のみにするのが最も簡単です。

 

小銭入れは盗まれてもいいものしか入れないっていうのが重要だよね。

そうね。日本の免許証や高額紙幣が入っている財布は、基本的には外で出さないのが原則。バッグの奥深くにしまっておいて、小銭入れが空になったときに、周囲の安全を確認してそこから補充するのがベターね。そもそも日本の免許証は海外旅行中に使わないから、旅行前に日本の自宅に置いておくのが一番安全よ。

 

その大切な財布を入れておくバッグには、鍵などでロックするのがより安心です。「そこまでしなくても…」と思うかもしれませんが、それぐらいイタリアは危険。盗難被害に遭うと旅行自体が楽しめなくなります。そうならないためにも、できるだけ対策はしておきたいですね。

 


 


パスポートや日本の免許証は持ち歩かない

f:id:Sasuraiinko:20200103121511j:plain

現金よりも何よりも、パスポートや日本の免許証を盗まれると大変。パスポートの場合、帰国までに再発行してもらう必要があります。

パスポートの再発行って時間かかりそうだよね…パスポートがなければ出国できないし、もう観光どころじゃないよね…

パスポートの盗難にあったら大使館や領事館にすぐにいく必要があるわ。パスポートや日本の免許証は普通に観光しているときは使わないから、持ち歩かないのがベストよ。

盗まれないために大切なのは、そもそも持ち歩かないこと。観光している間一番安全な保管場所は、ホテルのセキュリティボックスです。

 

パスポートは入国審査やホテルのチェックイン時のみ必要なだけで、それ以外には持ち歩く必要はありません。私自身、2年間イタリアに滞在してましたが、パスポートを必要としたときは日常生活では一切ありません。日本の免許証はそもそも入国審査ですら不要なので、旅行前に日本の自宅に置いておきましょう。

 

イタリア旅行のスリ対策まとめ

f:id:Sasuraiinko:20191129133336j:plain

海外旅行は非日常を味わえる半面、日本と比べ物にならないくらい犯罪被害に遭う可能性が高いです。イタリアやヨーロッパに旅行する際は、この記事で紹介した3つの対策:

〇 スリに「私はスリに警戒してます」とアピールする

〇 お金は2つに分散させ、通常使うのは盗られてもいい「小銭入れ」のみにする。

〇 パスポートや日本の免許証は持ち歩かない

を実践して、盗難被害に遭わずに楽しい旅行にしたいですね。 

 

 

イタリアへ行くまでの長い飛行機の旅には、塩野七海さんのローマ人の物語がおススメです。この本を読んでいくとイタリア旅行がより深く楽しめますよ。

 

それでは、素敵な旅行になりますように🌈